腸が変われば、体が変わる。

『スーパービオータ プレミアム』は、腸にうれしい乳酸菌加工食品です。

長年の研究を基にサイエンス開発から生まれたヒト由来の「超乳酸菌」で、腸内細菌叢を正常に保ち、健康保持に十分な力を発揮します。

「ヒト由来の乳酸菌」であるため実質的な副作用もなく、安全性にも優れていて腸に嬉しい「超乳酸菌生活」をあなたのところへ。

健康の要とも言われる「腸」のこと

私たちが生きていくうえで必要な栄養素を吸収したり、便通を促したり、外敵の侵入から体を守ったりしてくれている腸は、私たちが 生きていくために必要不可欠な働きを担っている健康の要のような器官なのです。腸が健康だと、体の内側から体調が整ってきます。

このように腸が健やかであることが、体全体の健康を守ることにもつながります。

その健康を左右する「腸内常在菌」の存在

ヒトの腸内には約1000 種類もの細菌が存在し、複雑な微生物生態系が形成されています。 これは、いわゆる「腸内フローラ」と呼ばれ、ヒトの健康に大きな影響を及ぼしていることが知られています。「腸内フローラ」とは、顕微鏡で見たときの腸内常在菌(腸内細菌)がグループごとにまとまっている様子がお花畑のように見えることから、そう呼ばれるようになったそうです。体に棲みついていて、外部から人体に悪影響を及ぼす菌やウィルスの侵入を防ぐバリアの働きをしてくれています。さらに免疫機能を向上させたり、人が消化できない食物を代謝してくれるという働きも。

この腸内常在菌をきちんと育てることが、病気の予防、健康の維持、そして美容にとって、とても大切なことだと私たちは考えます。

腸内フローラは、善玉菌(有用菌)、悪玉菌(有害菌)、日和見菌の3つに大きく分けることができます。
善玉菌は、悪玉菌の増殖や定着を抑えるので、善玉菌が優勢な場合は、健康な状態でいられますが、悪玉菌が優勢になると腸内で有害物質を作り出し、便秘や下痢を起こしたり、肌荒れや肩こりなどの様々な体の不調や生活習慣病などの原因になります。日和見菌は健康な時にはおとなしい存在ですが、悪玉菌が増えると悪玉的な働きをしてしまいます。

でも腸内常在菌は食生活で育てることは難しい

腸内常在菌とは私たちのお腹の中に元々住んでいる腸内細菌のことです。
市販のヨーグルトや納豆などの乳酸菌は、牛や羊や豚などの動物由来、あるいは大豆やキノコといった自然由来のものですが、これらは人間の腸の中では残念ながら定着せず、数日で腸を通過してしまいます。乳酸菌に含まれる自然界由来の乳酸菌では、腸内常在菌を増やす力は最大20倍程度しかありません。

そこで超乳酸菌が力を発揮

今回おすすめする「エンテロコッカス・フェカリスAD101株」は、もともと人間由来の体内の中で共生している「ヒト由来の乳酸菌」で、ヒトの腸内に入り、腸内常在菌である腸内乳酸菌を約150倍、腸内ビフィズス菌を約10万倍に増殖させる力があります。まさに、超エリート菌。
ぜひ一度、その力をお試しください。